自身で筋肉痛を早く治す方法|セルフケアが大事

筋肉の痛みを抑えるなら

男の人

血流の促進がカギ

筋肉痛は殆どの場合、翌日以降に発生して、概ね1週間ほどで治りますが、痛みが強い状態では日常生活にも支障が出ますから、できれば早く回復させたいところです。そこで、筋肉痛を早く治す方法ですが、血流を高めることも有効とされています。筋肉痛は、ダメージを受けた筋繊維の炎症を回復させるため、白血球が傷付いた組織をケアする際、ブラジキニンなどを出すことが深く関わっているのです。ブラジキニンは熱感を伴う疼痛を引き起こす物質として知られており、筋肉痛の原因に挙げられています。ですが血行を良くしますと、ブラジキニンなどの痛みを発生させる物質も散らばっていきますので、筋肉痛を早く治す方法の1つになっています。血流をアップさせるには、筋肉への負担が軽い有酸素運動や、ストレッチが効果的です。血の巡りが活発になれば、筋肉痛が起きている部位からブラジキニンなども分散しますから、痛みが改善へと向かいます。筋肉痛を早く治す方法では、栄養面からアプローチすることも欠かせません。特に積極的に摂っておきたい栄養素がたんぱく質であり、そのほかにもビタミンCとビタミンEが、適した栄養素となっています。たんぱく質は筋繊維を修復する際の材料になりますから、不可欠な存在です。そして、ビタミン類は血液の流れを促す作用がありますので、筋肉の回復と共に、痛みの軽減をサポートしてくれます。ですから、もしも筋肉痛でお悩みの時は、それらの筋肉痛を早く治す方法を試してみると良いでしょう。