自身で筋肉痛を早く治す方法|セルフケアが大事

治し方には段階があります

男性

適切な対処で早く治ります

久しぶりに運動をしたり引っ越しや模様替えなどの重労働をした後には、たいてい辛い筋肉痛に襲われます。筋肉痛は準備運動不足や普段使わない筋肉を使うことにより起こりますが、その原因のメカニズムははっきりと分かっておらず、乳酸が蓄積したり筋肉が傷ついたりすることで発生すると言われています。激しい筋肉痛は日常動作にも支障を及ぼすため、筋肉痛を早く治す方法を知っておくととても便利です。筋肉痛を早く治す方法は段階に分かれており、そのたびに適切な方法を選ぶことでより効率よく治すことができます。まず筋肉痛が発生してすぐのうちはアイシングが効果的です。傷ついた筋肉の炎症を抑え、また冷やすことで神経が麻痺するので痛みを感じにくくなります。筋肉痛が発生して数日経ったら、今度は温める方法に変更します。温めると血流が促進され、痛みの物質であるとされる乳酸の排出を促すとともに傷ついた筋肉に酸素や栄養をより速く行き渡らせることができます。お風呂などで軽くマッサージをすると相加効果が期待できます。また、筋肉痛を早く治す方法として運動をするというものがあります。痛みがある中で行うので激しい運動である必要はありませんが、軽い動きでも体を動かすことで筋肉がほぐされます。いずれの方法を試すにしても、筋肉痛を早く治す方法として一番大切なのは傷めつけないことと十分な休息や栄養を補給することです。強いマッサージは痛みを増すので逆効果ですし、傷ついた筋肉の修復が遅れます。修復を助ける栄養を補給することや、睡眠により筋肉の回復を促すことがとても大切です。